恋愛総合

333:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/29(金) 17:22:03.78 ID:UxEULa9c0.net
愚痴っつーか疑問なんだけど
女フレが急にメンヘラ化して蒸発する現象が過去に4人くらい居て、先日また1人消えた。

めんどくさそうだし消えたところで追求せず無視してきたけど、このゲームやってる人ってこんなんばっかりなの?

325:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/29(金) 15:45:14.48 ID:PbDzWAlpp.net
昨日か一昨日か、オケコンで初オフした結果、相方がかっこよくはなかったのに気持ち冷めなくて戸惑ってる~的な趣旨のぼやきを書かせてもらった者です。

進展あったのでまた吐き出し…
また長文になります、ごめんなさい。
お願いします。

昨日skypeしてた時にまた会いたいって言ってみたら、次は俺がそっち行くって即答してくれたあとに、その言葉は聞けないかもしれないと思ってたって言われた。

自分の容姿レベルは自覚してるから、私からまた会いたいって言われなければ、そういうことだと思って俺からはもう誘わないようにしようと思ってたんだって。

オケコン一緒に行こうって誘ってくれたのも相方だったんだけど、最悪その日に関係が終わることも覚悟して誘ってくれてたんだって。

一方的に私が選ぶみたいな言い方だから、「私が冷められる可能性もあるのに。私だって怖かったよ」ってつい責める感じで言ってしまったんだけど、そんな可能性考えもしなかったって、笑いながら言われた。

そのままいつこっちに来るかの話をして、日程とか決めたあとに、「伝えたいことがあるけど、顔見て話したいからそっち行くまで待ってて」って言われて、わかったって言って通話終了したのが昨日。

これ、リアル発展する…ってことだよね、たぶん。
私もう駄目かもしれない。

ダラダラと長文ごめんなさい。
こんな話どこで吐き出せばいいか分からなくて場所お借りしました。
書いてみたらちょっとだけ冷静になれました、ありがとう。

関連記事

302:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/29(金) 07:51:25.17 ID:5y+PVN3td.net
FFで仲良くしてもらってる相方がいるんだが、度々嘘をつかれる事があって(体調が悪いからエオの方にインできないって連絡来た後に別のオンゲしてたりする)
ゲームで疑似恋愛するのが好きみたいだし、構ってくれる人だったら誰でもいい感じの人なのかなーって思い始めてて、ちょっとめんどくさくなってきたw

278:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/28(木) 19:28:57.36 ID:Tbe7l8+M0.net
ずっと片想いだった人が脱退しちゃって追いかけて告ったら
「あなたの事は本当に良い人だと思うけど今まで恋愛対象として見てこなかったし、今は1人でゆっくりしたい」って言われた

少し日にちあけてアタックしたらいけるかな?
こっちとしてはどんな条件でも飲むから絶対付き合いたい。アドバイス求む

240:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/27(水) 13:12:12.58 ID:Zqd79P/Zp.net
オケコンで初オフしてきた感想をぼやかせてください。
お願いします。

事前に写メ交換してたから大体分かってたんだけど、はっきり言って顔はかっこいい方ではなかった。
フツメン~人によってはブサメンに分類されるくらい。
会った瞬間は、あーこれ以上のめり込まずに済みそうって、すごく失礼な話なんだけど思った。
私だって特別かわいいわけじゃないから、もしかしたら向こうも同じように思ってるかもしれないけどw

なんだけど、今も何故か冷めてない。
全然気持ち変わってないし、また会いたいって思ってる。
ゲーム内ではもうすぐ2年の付き合いになるから、自分に言い聞かせてるだけかなって自問自答するけど、そうでもないっぽい。
これが恋は盲目ってやつ?
いつか目が覚めたりするのかな。

性格とか、一緒に遊んだり話したりしてる感じは相性最高だと思ってるから、それでカバーしてるのかなぁ。

別にこの現状に不満があるわけでもなんでもないけど、自分の気持ちがなんとなく不可解な気がして吐き出させてもらいました。
長文ごめんなさい。

222:既にその名前は使われています@\(^o^)/:2017/09/27(水) 04:19:16.94 ID:PvIA/c7A0.net
エオカフェに居た彼女は今時の凄い可愛い子、彼氏はザ・オタクって感じの美女と野獣カップルで彼氏は無言でスマホいじってるだけ、彼女は沢山話し振ったり色々しててさ
そんな状況なのに彼女楽しそうに話してんだよ、それがまた悔し過ぎて本当モヤモヤした

このページのトップヘ